ウォターサーバーの構造


ウォーターサーバー top>ウォーターサーバーとは>構造

ウォーターサーバーの構造について簡単に説明しましょう。

ウォーターサーバーは、各社によって異なりますが、大きく分けて床置きタイプと、卓上タイプがあります。

いずれのタイプも、上部に水の入ったタンクを設置します。

水は、各社ごとに厳密に調整・管理された、ミネラルウォーターや、キレイにろ過された水です。

内部には、冷たい水と温水が温度調節されて入っており、これを蛇口により、毎回適量出すことができるようになっています。

温度調節の方法は、それぞれのサーバーで異なりますが、電子式やコンプレッサー式など、いくつかの方法があります。

ウォーターサーバーは電気を必要とするため、使用時には、常時コンセントに接続して使うことになります。


ウォーターサーバーとはに戻る


Copyright 2009
ウォーターサーバーwiki比較
All Rights Reserved.